コラム一覧

アプリ紹介

ご予約・お申込み

よくあるご質問

お客様の声

スタッフ紹介

スタッフブログ

求人情報

アシーク新聞

コラム

お知らせ

スタッフブログ

ヨガ教室検索はYOGA ROOM
埼玉でホットヨガをするならヨガパークで検索
ヨガの情報サイトはヨガジェネレーション/yoga generation
コラム

2013.06.19

第007回 Natsuko先生のヨガ講座 (2013.06)

こんにちは !
インストラクターのNatsukoです。
前回の5月号では『ヨガとは何か?』
その心の在り方について、
少しだけ話をさせて頂きました。
では、その『ヨガ』とは、
どんな意味を持つ言葉なのでしょうか?

『ヨーガ』発祥の地はインドに有ります。
その言語には、インドの古語である
『サンスクリット語』が多く用いられて来ました。

ヨーガ(繋ぐ・結ぶ・調和)の語源も
サンスクリット語の『yuj(ユジュ)頸木』
から来たと言われています。

頸木とは、牛車や馬車のながえの先に付けて、
牛馬の首にあてる横木を示します。
それにより、暴れ回る牛馬を
上手にコントロールする事が可能になります。

絶えず動き回り、
なかなか捕らえることができない牛馬の性質が、
私たちの心と同じような振る舞いをすることから、
その名がつけられたのかもしれません。

暴れまわる心を一点に結びつけて集中させる。
感情や物事の変化に翻弄されすぎず、
自分の手綱を上手に握りしめる。
語源からも分かる様に、
ヨーガには 『人生と上手に向き合う』
先人の知恵や願いが、
沢山含まれているのかもしれませんね!
ではでは、今日も一緒に Let’s enjoy yoga♪

☆豆知識☆
サンスクリット語では、
oはaとuという二つの音が
融合したものとされ、
長母音として扱われます。
なのでYogaをカタカナ表記する時は、
本来 『ヨーガ』と表記した方が良いとされています。


ページトップへ戻る