コラム一覧

アプリ紹介

ご予約・お申込み

よくあるご質問

お客様の声

スタッフ紹介

スタッフブログ

求人情報

アシーク新聞

コラム

お知らせ

スタッフブログ

ヨガ教室検索はYOGA ROOM
埼玉でホットヨガをするならヨガパークで検索
ヨガの情報サイトはヨガジェネレーション/yoga generation
コラム

2014.06.15

第019回 Natsuko先生のヨガ講座 (2014.06)

早いもので、もう6月ですね☆
新しい環境に異動した方は、もう慣れましたか?

最近は暑さも増し、夏の気配を感じる日も多くなりましたね。
しかし、夏の前に訪れるのが「梅雨」です!
気温、気圧、湿度に変化がおこりやすいこの時期は、
自律神経の働きが乱れやすく

●体が浮腫み末端が冷える
●倦怠感がぬけずダルイ
●頭痛、腰痛、肩こり などなど、
体に不調を感じる事が多いと言われています。

気圧の低下は、
炎症を引き起こすヒスタミンの増加に繋がる為
「雨が降ると関節が痛む」という方も多いと思います。

中医学では、梅雨に発生する過剰な湿気は
「脾(消化器官)」に悪影響を及すと言われています。
その為、胃腸の働きが悪くなる事で、
老廃物が体に溜まり、
冷えや浮腫みなどの原因になるとされています。

そんな時に必要なのは、
体内の余分な水分を排泄する事!汗をかき、
水捌けの良い体内環境を作る事です♪
食事には、消化吸収、利尿作用の高い食材を選びましょう。
(とうもろこし・豆類・きゅうり・あさりetc)

雨の日の外出は少し憂鬱ですが、
スタジオで良い汗をかいて、
梅雨のダルサを一緒に吹き飛ばしましょう♪♪
対処法が分かると、より一層季節の移り変わりを
楽しめるかもしれませんね!


ページトップへ戻る