コラム一覧

アプリ紹介

ご予約・お申込み

よくあるご質問

お客様の声

スタッフ紹介

スタッフブログ

求人情報

アシーク新聞

コラム

お知らせ

スタッフブログ

ヨガ教室検索はYOGA ROOM
埼玉でホットヨガをするならヨガパークで検索
ヨガの情報サイトはヨガジェネレーション/yoga generation
コラム

2016.08.28

第045回 Natsuko先生のヨガ講座 (2016.08)

暑い毎日、皆さん如何お過ごしでしょうか!
インストラクターのNatsukoです!

梅雨明けし日に日に暑さが増していますが、
夏バテされていませんか?
暑い夜が続くと、どうしても睡眠不足になりがちだったり、
日中暑すぎて食欲が落ちてしまったり、、
室内外の温度差が高いこの時期は、
自律神経 の働きが崩れ、夏バテが起こりやすいと言われています。

ヨガのレツスン で「自律神経」という言葉を
耳にした事がある方も多いと思いますが、
そもそも自律神経とは何でしょうか!?
簡単にいうと、身体機能を保つために意思とは関係なく、
無意識に働いてくれている神経のーつです。

私たちが寝ている間も滞りなく
身体機能が働くのは自律神経のおかげです。
主に心臓をはじめとする内臓や血液の流れなどを管理して、
呼吸、消化、代謝等を調整しています。

例えば、運動して汗をかくのもこの働きです。
汗を出す!と意識的に汗をかくのではなく、
それは無意識の領域ですよね。
体温が上昇すると脳がそれを感知します。
交感神経に指示を出し、
汗腺から汗を出すことにより体温を下げ、
体内環境を一定に保とうとします。

自律神経には交感神経と副交感神経があり、
お互いが拮抗しながら、バランスを保ってくれています。
それらが何らかの原因で円滑に行われなくなると、
様々な不調に繋がります。

腹式呼吸や適度に汗をかく事は、
自律神経の調整にとても良いとされています。
夏バテしやすいこの時期!
身体ができるだけ快適に過ごせる様、
ヨーガでサポートしてあげましょう♪


ページトップへ戻る