コラム一覧

アプリ紹介

法人会員募集中!

ご予約・お申込み

よくあるご質問

お客様の声

スタッフ紹介

スタッフブログ

求人情報

アシーク新聞

コラム

お知らせ

スタッフブログ

ヨガ教室検索はYOGA ROOM
埼玉でホットヨガをするならヨガパークで検索
ヨガの情報サイトはヨガジェネレーション/yoga generation
コラム

2018.01.22

第063回 Tomomi先生呼のコラム(2018.02)

こんにちは。 インストラクターのTomomiです。
まだまだ寒い日が続きますが、2月4日は「立春」。
暦の上では、春を迎えます。
冬の厳しい寒さが徐々に和らぎ始め、春の足音を感じる2月。
2月は「梅見月」や「初花月」とも呼ばれ、梅の花が咲く時期です。

梅は、春一番に咲くことから、
別名「春告草」とも呼ばれています。
日本では古来、花といえば「梅」でした。
桜よりも、鑑賞の歴史は古いといわれています。
古くから多くの人に愛されてきた梅の花には、
「探梅」「賞梅」「送梅」という楽しみ方があります。

*探梅(たんばい)・・・咲き始めの時期に、ほころんだ梅を一輪一輪探しながら楽しむこと。
*賞梅(しょうばい)・・・見頃の時期に、美しく咲き誇った梅を楽しむこと。
*送梅(そうばい)・・・咲き終わりの時期に、こぼれゆく梅を惜しみながら楽しむこと。

厳しい寒さに耐え 凛と咲く梅は、様々な表情で私たちを楽しませてくれます。
甘く上品な香りも、梅の魅力。梅の香りには、リラックス効果があると言われています。
様々な梅の魅力に触れながら、春を迎えてみてはいかがでしょうか。



ページトップへ戻る