コラム一覧

アプリ紹介

法人会員募集中!

ご予約・お申込み

よくあるご質問

お客様の声

スタッフ紹介

スタッフブログ

求人情報

アシーク新聞

コラム

お知らせ

スタッフブログ

ヨガ教室検索はYOGA ROOM
埼玉でホットヨガをするならヨガパークで検索
ヨガの情報サイトはヨガジェネレーション/yoga generation
コラム

2018.06.14

第068回 Natsuko先生のコラム(2018.07)

幼少から夏が好きな私は、この時期になるとワクワクして来ます♪
大きな入道雲、色鮮やかな自然、美しい浴衣姿の人、
命の眩しさを強く感じる季節ですよね。

楽しい行事が多いこの時期ですが、
特に気をつけたいのが『熱中症』です。

以前お客様から
『暑いと頭が痛くなる事がある』と
相談を受けた事がありますが、
その原因は寝不足や体調不良以外に
潜んでいる事もあります。

人体に含まれる水を『体液』と呼びます。
体液は体の60%を占める水とミネラル、
タンパク質などで構成され、
生命維持に関わる様々な役割をしています。

発汗すると水だけでなく、
ミネラルの1つであるナトリウムが体外に出ていきます。

体内の水分や塩分などのバランスが崩れ、
体温の調節機能が働かなくなり
おこる障害を『熱中症』と言います。



発汗を伴う運動では、水+ミネラル(電解質)を
補給する事が熱中症の予防になります。
(塩分糖分のとりすぎには注意)

適度な運動で筋力を保ち、
汗がかける体質になる事は
熱中症の予防になると言われています。

暑い季節は適切なケアーをしながら、
レッスンを楽しんでいきましょう!!


ページトップへ戻る